地域環境活動支援事業

エコ学区サポートセンター業務

(公財)京都市環境保全活動推進協会は、京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)の指定管理業務等を通じて培った、地域コミュニティでの環境活動支援のノウハウを活かし、「地域コミュニティ等での市民参画による環境活動」を支援する事業を展開しています。

地域ぐるみのエコ活動についての「ワンストップサービス」

2013年度より京都市「エコ学区に係る学習会等支援業務」を受託しています。京都市内222の地域コミュニティの相談窓口「エコ学区サポートセンター」として、地域活動にエコの視点を加え、エコロジーに関する知識やエコ活動に関する知恵等を提供しています。
1年間で計300回を超える学区へのヒアリングや、エコ活動の現場取材及び地域への直接アプローチを行い、地域のニーズに合わせた活動支援物品の調達配布や、学習会、啓発ブース出展、省エネプログラム、創エネ・エコ×防災などの多様な連続プログラムの企画実施を行っています。

エネルギーの地産地消を通じた、地域の活性化につながる「市民協働発電の導入促進」

2014年度より京都市「市民協働発電制度地域コミュニティ版支援コーディネーター派遣業務」を受託しています。地域のコミュニティ組織が主体となって、地域に再生可能エネルギー(太陽光発電や小水力発電など)利用設備を設置する意欲的な取組を支援するため、地域住民の合意形成をはじめ、再生可能エネルギーを利用した発電事業に関する調査や、事業化の検討等を行うコーディネーター派遣をしています。

(出典:京都市HP)

小水力発電イメージ

地域コミュニティでの「省エネ体感プログラム企画運営」

2008~2010年度に京都市「くらしの匠と進める「エコライフ・コミュニティづくり」事業」を受託しました。2011~2015年度には、エコ学区受託事業の一環として「くらしの匠~省エネ実感生活~」を実施しました。
地域的なつながりのある住民同士が15世帯前後のグループをつくり、「くらしの匠」と呼ばれる環境ボランティアのわかりやすいお話しを聞き、「省エネナビ(電気消費量計測機器)」設置により、節電の効果を目に見える形で実感できました。互いに情報・意見交換をしながら、楽しく省エネを進めることで、家庭の電気消費量を削減し、参加者が近所の人に省エネ方法を広めるなど、地域の中で広く省エネの意識を高めることができました。