環境学習・環境保全活動支援事業

京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)指定管理業務

「持続可能な地域社会」の実現に向け、子どもから大人、事業者、学生、NPOが集い、様々な環境学習プログラムが展開され、環境保全活動を担う人が「学び、育つ場」、その活動を「支援・連携する場」、環境保全活動の成果を「発信する場」の事業を行っています。

京エコロジーセンターの外観

学び、育つ場では、団体見学やセンター学習の受け入れ、館内の展示や環境学習プログラムの実施を通して来館者の環境への学びを深めています。
また、環境学習に活用できる環境副読本を作成し、京都市内の全小中学校に配布するなど、学校における環境学習の支援も行っています。

プログラム開発 環境教育研修講座

プログラム開発 環境教育研修講座

季刊誌えこせん

季刊誌えこせん

京エコロジーセンターでは、環境に配慮した暮らしを来館者に広める役割(展示の案内、環境学習プログラムやイベントの企画・実施)を持つ環境ボランティアが活躍しています。
環境ボランティアの養成や日々の活動をより充実させるための研修のほか、環境ボランティア同士の交流や活動意欲の向上及び活動するうえでの課題解決を図るためのミーティングを、年間を通じて行っています。

ステップアップ研修 展示案内についてみんなで意見を出し合っている様子

ステップアップ研修 展示案内についてみんなで意見を出し合っている様子

京エコロジーセンター屋上の田畑やビオトープを活用し、自然や食の循環について学ぶ親子向けの通年プログラムのほか、環境教育実践の担い手や自然エネルギー普及の担い手を育てる連続講座を実施しています。
また、大学生を対象としたインターンシップ受け入れや中学生の職場体験受け入れも実施しています。

京エコロジーセンター屋上の田畑

京エコロジーセンター屋上の田畑

支援・連携する場では、様々な地域コミュニティが環境保全活動をおこなうために、環境ボランティアによる学習会や地域のイベント等へのブース出展の実施を行っています。

環境ボランティアによる学習会や地域のイベント等へのブース出展イメージ

発信する場では、イベント情報紙や季刊誌の発行、ホームページやブログサイト、SNS等を通じて、京エコロジーセンターの事業内容や魅力を情報発信しています。
また、かんきょう図書コーナーでは環境に関連する書籍やビデオ・DVDを幅広く揃えています。

イベント情報紙「えこいべ」

環境にあまり関心がない方でも、普段の暮らしと環境のつながりに気づき、環境配慮型の行動を実践するきっかけとして、多様な切り口の楽しく学べる体験型イベントを実施しています。
また定常イベントのほか、京エコロジーセンター全館を使った大イベントも年3回ほど実施しています。